TITLE

H邸

COMMENT

“光を得る”

住人は60歳代夫婦の2人で、老朽化のため建替計画が始まりました。
この敷地の周りは、“富山県なのに...”と思うくらい住宅が密集し、都市部と変わらない位の条件です。さらに今回の計画地は密集部の中央にあり前面道路も2.5Mくらいの4方向塞がれた感のある敷地です。このような環境の中で“恵まれた条件の住宅同様に光がたっぷり入る豊かなホッとできる空間を創り出したい”との思いでスタートしました。

自然の光・自然の風を求め、ローコストが条件。
テーマは“敷地との闘い”です。
デメリットを補い、さらなる豊かな幸せを呼ぶ内部空間。
前面道路に立った時の閉塞感から解放されるかのような広がりの内部空間を玄関ドア1枚入ったところで創り出せないかと思いました。
その空間をライティング効果で立体的に強調し暮らしに豊かさを与えられないか考えました。
“自然光により1日の時間の流れや気候も感じ取れる”生活の原点が見える家です。
夕方から夜にかけてはテーブルや流し台等の作業を伴う部分は直接光としていますが、その他は間接光とし構造体の陰影が建築をより立体的に見せています。

“ローコスト・小面積・最小限の機能箱”
小住宅でありながら坪あたり60万円というローコストへの挑戦でした。
大きな1ルームに最小限の機能BOX(部屋)を配置し無駄なスペースは極力排除しました。
そのため造作物は少なくでき、ローコストにつながっています。
仕上げ材等は高級材とは言えませんが自然材料を使用するように心掛け、コストを落とせるところは落とし、かけるところはかけるようコストバランスに気を配りました。

床・階段に使用している無垢の杉材の感触は肌に優しく触れ合います。
構造体の杉や壁・天井のシナ合板が部屋中に木の香りを漂わせています。自然の癒しです。
また、玄関アプローチに使った枕木は冬季の凍結の対策で使用しましたが今後どのように役に立っていくか楽しみにしています。